積み木とごっこ遊びに|森のどうぶつみき/OakVillage

こんにちは。
店長の合六です。

今回ご紹介したいのはオークヴィレッジ社の人気積み木「森のどうぶつみき」です。

森のどうぶつみき

こちらの積み木は様々な木を使い、様々な森に住む動物を表現しています。
色や手触り、もちろん形も異なります。
すべすべの木もあれば、ざらざらとした木もあります。
すべて日本で育った木を使用しています。
出産祝いなど特別な贈り物をする時や、安全に遊べる日本製木製玩具をお探しの方に、自信をもってオススメできる積み木です。

森のどうぶつみき/オークヴィレッジ社

まるで童話の絵本から飛び出してきたような、積み木は「クマ、タカ、イノシシ、ウサギ、リス、キツネ、ドングリ、クリ」、計22ピースで構成され、どうぶつ達は親と子供がセットになっています。

森のどうぶつみき

森のどうぶつみき

6ヶ月~1歳前後の子供はまず触って形や手触りを確認します。噛んだり、口の中に入れて遊ぶ子もいます。触ったり噛んだりして、形の違いや色の違い・手触りの違い・匂いの違いなどを確認することで、モノを判別する力が養われます。とても大切な遊びです。
※舐めても安全な素材ですが、木製なので噛みすぎると欠けたり、誤飲の可能性があります。小さなお子様が遊ばれる際は保護者の方が傍に付いてあげて下さい。

1歳半頃から積み上げる遊びを始めていきます。初めは白クマやイノシシなど大きくてどっしりとした動物を選ぶ子供が多いですが、小さく難易度の高いタカの赤ちゃんを手に取る子供もいます。性格でしょうか?子供によって積み方も異なり見ていて楽しいです♪

2歳頃になるとごっこ遊びを覚えていきます。大きな動物をお父さんやお母さんに見立て、小さな動物を自分に見立て、自分なりのストーリーを作っていきます。もっとも子供の成長の速さに驚かされる時期だと思います。

子供の成長に合わせて、遊び方を変える事ができます。言い方をかえると子供の柔軟性を養うお手伝いが出来る積み木だと思います。

可能な限り、一緒に遊んであげて下さい。きっとお子さまの成長を感じ取る事ができます。

KURABOKKO Online Store
森のどうぶつみき/OakVillage